量産型ミコッテをつくる

スポンサーリンク

顔の輪郭

違いがよく分からないので線を書きました。※遠目に見たらほとんど違いが判りません

幼い雰囲気を出したいときはただし結構気になるレベルでぷくぷくになります! 2は頬骨がちょっと上になって、出てるかな な印象、分かりづらいです。3は頬のぷくぷくを抑えてシュっとした雰囲気、可愛らしさは減ります。 可愛いを目指すならか1、2、4、 ゆるふわヘアを使うならまんまる顔の4との相性が良いでしょう。COOL系ならば3。

私の使用するミコッテちゃんはCOOL系を目指すので、愛用です。

目の色

サンシーカーの場合


目の色は、それだけで顔の印象が決まるほど大事なところです。特にサンシーカーは縦長瞳孔の猫目であるため、「顔は目の色で決まる」と言っても過言ではありません。

色を薄めにすると猫目特有のキツさが際立ってしまい、逆に黒目がちにすると目のキツさは抑えられるものの「サンシーカーらしさ」は減ってしまいます。中間の色あたりがキツさも抑えられ、猫目もアピールできてちょうどよいのではないのでしょうか(上のSSの右上と左下)。

猫目が苦手なんだけど肌の色でムーンキーパーは難しいなあ、という場合は黒く塗りつぶしてくださいませ。

※サンシーカー白系虹彩の注意


サンシーカーは目の色を白っぽくすると反射光が目立たなくなり、目のキラキラ感がなくなります。可愛いキャラを作るには色味を入れた方がキラキラするので良いと思います(経験談)画像の都合上おじさんミコッテで申し訳ありません。

ムーンキーパーの場合

ムーンキーパーは、まるい黒目が大きいです。ゆえに、黒髪との相性が良さそうです。

サンシーカーでは注意すべき白色も問題なく使える一方、虹彩の色が濃すぎるとまんまる黒目の可愛さを殺してしまいます。可愛い系テンプレミコッテを作るという点において、目を黒く塗りつぶすことによる利点はないように思います、よりアニメ的になるくらいでしょうか。

赤と青は難しい

全種族に言えることなのですが、青と赤はエリアがかなり狭く好みの色を出すのは難しいです。一方、緑色はきれいに発色するエリアが多いように思います。

鼻のパーツ 1~6

鼻は顔パターンによって微妙に異なりますが大体このような感じになっており、この例では左下の顔パターンを使用しています。

  1. 上向き
  2. 下向き
  3. 割とふつう 少し高め
  4. 普通なんだけど低い
  5. だんご気味(正面顔が鼻の穴が強調される)
  6. 下向きで低い

テンプレ量産型ならば3か4が無難でしょう、もしくは1。

次は目のパーツを選んでいきます。

目のパーツ 1~6

サンシーカーでの例。ムーンキーパーはもう少しまつ毛アピールが少ないです。

違いがほとんど分からないパーツです。「遠くから見たら違いがわかるかも」と顔の全体像も載せてみましたが、やっぱり違いがほとんど分からないです。まつげの量で選ぶのも一興かもしれません。まつげは3が一番目立たないので、バチバチ目を避けたいときは3(ただし釣り目)、もしくはムーンキーパーという選択になるのではないでしょうか。

  1. ノーマル
  2. 垂れ目
  3. 釣り目
  4. デカ目 まつ毛多め
  5. 白目が狭め
  6. 6大きめ

釣り目なら3、垂れ目・優しそうな顔なら2、化粧濃いめなら4、迷ったら無難な1

口のパーツ

左側上下の顔パターンです。

目とは違い、違いが大きいパーツになっています。上から順に

  1. 標準
  2. ぷっくり
  3. 薄め
  4. 標準より小さめ

アニメ的な感じで「目だけ大きくて鼻と口を小さく」としてしまうとバランスが壊れてしまいますので、パーツだけではなく全体的なバランスを見て決めると良いと思います。

私はぷくぷくの1とか2が好きですが、3の人をよく見かけるように感じます。迷ったら1か3。

唇の色を設定してから見ると、形の違いが良くわかります。
また、色で大分印象を変えることができます。

顔のパーツはここで終わりです。
ここから、それ以外のことについて記述していきます。