MENU
カテゴリー
アーカイブ

【アウラ女】レンとゼラの違い+顔タイプについて

「アウラ・レン」、「アウラ・ゼラ」の違いと顔タイプ4つの違いのまとめ。

目次
スポンサーリンク

レンとゼラの違い

角+ウロコ+尻尾が白い方がレン、黒い方がゼラ。基本的に2部族のキャラクリは同じです。ウロコは顔だけでなく、腕、腰、脚にもありますのでキャラクリ時に確認しましょう。

似たような姿の2部族ですが文化や歴史は大きく異なり、メインシナリオの紅蓮編にて語られております。レンは日本的な響きの名前が公式命名規則であるのに対し、ゼラではファミリーネームが部族の名前になっていて・・・などと両者は全く違います。ゼラの部族は特徴が凄まじいため、興味のある方は公式の命名規則を是非読んでみてください。

あわせて読みたい
人名の命名ルール:アウラ編プレイヤーキャラクターの「名前」は、長く付き合っていくものだけに、慎重に決めたいもの。 名前を変更しようと思っている方、もしくは新規キャラクターを作成しようと思...

部族の性質としてレンが平穏を望む部族であるのに対しゼラが戦いを好む部族となっており、それが種族ステータスの差として表れています(※ただし誤差レベル)。その部族設定を加味してキャラクターの種族を選択するのも一興ではないでしょうか。繰り返しますがこのステータスは誤差程度なので、レンでもバリバリの近接ジョブやゼラのヒーラーもプレイには全く問題ありません。

初期ステータス
レン:STR19/DEX22/VIT19/INT20/MND23
ゼラ:STR23/DES20/VIT22/INT20/MND18
レンはヒーラー向けステータスが最大値、ゼラは近接向けステータスが最大値。

専用髪型の角について

アウラ専用の髪型には角が付属しているものがあり(2部族共通)、角の色はどちらの角の色とも異なっています。

ウロコ+角+尻尾の色について

角とウロコと尻尾の色は、肌の色に少しだけ影響されて色味が変わります。レンは分かりやすく色調が変わりますが、ゼラだと元の色が濃いため色の変化が判別できません。

SSの例は尻尾だが、角とウロコも変わる

尻尾のあるミコッテでは髪の色を変更すると耳も尻尾も連動して色が変わりましたが、アウラでは尻尾も角も色が固定ということもあり装備品や髪の色によっては色の相性が気になる場合もあります。

真っ黒になれずもどかしい、レンの暗黒騎士時代の図

肌の色について

基本的に2種族同じトーンを選べるようになっています。ゼラの方が彩度高めで色が強い感じです。角+尻尾の色の好みでレンまたはゼラを選択して大丈夫だと思われます。

顔タイプ(レン・ゼラ共通)

角は顔タイプとセットになっています。「角はこれがいいけど顔はこれがいいな」というような選択はできません。

アウラの美容室でのメモ+α
追加分のウロコ表示は美容室でON/OFFの変更ができます
目の輪郭(色・表示)も美容室で設定変更できます
角は顔タイプと連動しているため、美容室での変更はできません。
イヤリングは角の根本の下あたりに付きます、角によっては非常に見づらいです。
頬紅などのフェイスペイントはウロコの上にも付きます。

角の飾り

角の飾りは顔1と顔4にのみあり、金属の装飾をつけることが可能です。

顔タイプ1

後ろに角が向いており、後角タイプともいわれる憂いを帯びた顔。まつ毛は細く長い。無表情的であり儚い雰囲気がある。顔のウロコが少ないことや細身の角ゆえかとても人気のある顔。しかし特徴的な輪郭と尖ったアゴは気になる点でもある。そして顔の陰影が他の顔タイプに比べると薄く正面から見ると平らな印象を受ける。

アゴについて:肌の色とウロコの色の差が激しいとアゴよりウロコに目線がいく。・・・ので、少しアゴが目立ちにくくはなる(レンの肌濃いめ、ゼラの肌薄めなど)。

脱着できるウロコは額と頬の2か所。


ウロコ最大時の様子+横からと後ろから

顔1に関してはこちらでまとめております。

あわせて読みたい
後角アウラ女のキャラクリ思案(顔1)
後角アウラ女のキャラクリ思案(顔1)一番左の顔パターン(後角タイプ)の角が好きなので、主にアゴとの戦いをまとめた記事です。【後角の顔パターンとは(顔1)】一番左の顔パターン。東洋的であり、無表情で...

顔タイプ2

羽のような角を持つ顔タイプであり、「羽角」などとと呼ばれる。この顔も割と無表情であるが顔1よりは柔和に見える。まつ毛が(他の3タイプのアウラより)少しだけ太く、マスカラを付けた後のような感じがする。目や口などのパーツが全体的に大きく、バランスを取るのが地味に難しく、顔タイプは可愛いのになぜか思ったように作れないというジレンマを感じる(個人の感想です)。

そして、この顔2は「選択した目のパーツ」や「アイシャドウなど目周辺の化粧の具合」により「エモート時の表情」と「通常時の顔」との差が激しくなるので、キャラクリ画面の「声のタイプ」エモートなどで実際の挙動を確認して調整することを強くオススメする。余裕があるならキャラを試作してみて実際にエモート時の表情をチェックしたほうがよりベターである。

脱着できるウロコは3か所。ウロコを最大にすると顔全体に相当なウロコを生やせる。額にティアラのようなウロコがあるのも特徴。


ウロコ最大時の様子+横からと後ろから

顔タイプ3

カニの爪みたいな角であることから蟹角などと呼ばれることも。温厚で優しい顔をしており、かなりの美人顔である。まつ毛が一番長い。角が顔の横に伸びている唯一のタイプなため髪への干渉が気になる場合がある。整った顔タイプであるのに顔1や顔4に比べてあまり見かけない気がするのは、恐らく角の形状のせいだろう。

この顔も顔2と同じようにかなりウロコを増やすことができる。そして額にウロコが無い唯一のタイプ(ON/OFF可)。

ウロコ最大時の様子と後ろ姿

顔タイプ4

前に向かっての巻き角であるため「巻き角・前角」などと呼ばれることがある。目が大きく口が小さいというデフォルメの利いた顔で、基本的に釣り目になっている。可愛い風にも作れるが、どちらかというと格好いい系。目力の強さにかすんでしまいがちだがまつ毛は細く長い。この顔は恐らく顔1に次いで人口が多く、特にゼラは人気があるらしく本当によくお見掛けする。

元々顔にあるウロコが多いのも特徴で、追加でウロコを足しても気が付かない程度に額や輪郭、首までも最初からウロコで覆われている。アゴが尖り気味であるが、ウロコに目が行ってしまってあまり気にならない(ような気がする)。

ウロコ最大時の様子

おわりに

色々と顔タイプについて思っていることを書きましたが、なんだかんだで自分がイイ!と思うアウラちゃんが最高なのです。ウロコの少なさを優先するか(ウロコはアウラの特徴なのだが!)、角の形状を優先するか、顔タイプを優先するかでおのずと決まってくると思います。

ちなみに私は角が一番の優先項目で、1の角が好きなのでアウラになるときは顔1が多いです。

キャラメイク記事で読まれているもの

FinalFantasy XIV

Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

公式プレイヤーズサイト The Lodestone フリートライアル詳細はこちら(公式)

目次
閉じる