セルビナからバストゥークへ

FinalFantasy 11

ウィンダスミッション『三大強国』、サンドリアが終了したので次はバストゥークへ向かう。

~この日記はこんな日記~

スポンサーリンク

セルビナから南下していく

サンドリアから一旦セルビナまで500ギルを使って飛び、そこから南下していく。

現在ではセルビナは中立都市にだということだが、ちょっと前まではバストゥーク所属の貿易港だったということを最初に訪れたときに聞いている。セルビナは北のサンドリアと南のバストゥークの中間あたりに位置しているため、両国間の色々な何かがあったんでしょう。

などと思いを馳せつつ、再度このバルクルム砂丘の地図を見る。セルビナからKonschatat Highlands(コンシュタット高地)へ南下。このあたりはザルクルム地方というらしい。

 

うん、もう私は地図読むのも慣れてきたからね。ここなんかブツッって道が切れてるんだけど、多分何かあるから大丈夫に違いない。

・・・・・・

ほらね!!

なぜ地図にこういう目に見えないルートが書いてないのだろうか。ここらに住む人たちも普通に移動に使うルートであるだろうし、こういうものが地図にないというのはよく分からない。あえて開発側が地図情報を間引いて書いているのだろうか、もしそうだとしたら何のためだろう?

 

ザルクルム地方:Konschatat Highlands(コンシュタット高地)は比較的素直な地図。通れる道が素直に書いてあるだけでありがたいし、ちゃんと実際通れるというだけで嬉しい。

このコンシュタット高地はセルビナのあるバルクルム砂漠から等距離にあるであろう、ラテーヌ高地と対になりそうな場所。植生はにたようなものでありましたがたくさんの風車群があり、北とは違う文化圏の香りがします。風車があるということは、風が強い場所なんだろうか。そしてこの風車で何やってるだろう。

コンシュタット高地の風景

南下してNorth Gustaberg(北グスタベルグ)へ。

北グスタベルグの風景

これは・・・。荒地?砂漠?

枯れた木があるということは水のある季節があるという事、もしくは急激に砂漠化したということだろうか。めっちゃ荒涼としたさびしいところだなあ。

地図上には線が入っていて、なんじゃろなーと思って行ってみたら

(南グスタベルグからぐるっと回ってやってきたときのSS)

崖だった。そうか崖で東西の移動は不可なのか・・・

 

 そのままバストゥークに入れそうだったけれど崖があるため、一旦南グスタベルグへ入る。しかし国の地名の入った地図というものはめちゃくちゃ格好良いな。バストゥークの旗は歯車がロゴになっている。

南グスタベルグも完全に荒地。ここに人が住む国があるというのか。すごいなあ。バストゥークの入り口らしきものが見えてきた。遠くから見ると鉱山の入り口みたい。

 

いやーこれはどうみても地下帝国でしょ!

地下の国ってどんなだろう ワクワクだぜ!

バストゥーク 着

普通に空があったので地下じゃなかった模様。そ そんな~

しかしまぁ、都会!
ウィンダスの山奥から出てきた冒険者には眩しい都会ですだ!

旗の歯車が示す通り工業立国であり共和国で大統領がいる。工業国らしく工務省があり、そこが実質的な国の運営を行っている模様。鉱山があり、技術があり人が集まった国のようだ。

シリーズおなじみの技師ポジションであるシドもいた。

そして

【悲報】ここでも田舎冒険者と呼ばれる

ウィンダス出身の宿命か。

バストゥーク、町歩き

鉱山区は荒くれガルカが多くて治安が悪いから気をつけろ!とのこと。この区には鉱山があり、その鉱山こそがバストゥークの礎となったものだという。

現行大統領はガルカからはあまり評判がよくない模様で、大統領令により工事が急にとまったり変更になったことを嘆くものが複数居た。なるほどシドは偉い人らしい。

港のある区には跳ね橋なんてものもあり、割と近代的な発展をしている町です。

商業区、南の橋そばから

しかし入り口が鉱山みたいだったのにこんなにたくさんの水や平地、一体どうなっているんだ・・・。

ガルカとヒュームは上手くいっているとは言い難い感じの模様。鉱山を掘った力持ちのガルカと技術のヒュームという感じか。

 

広場には魔法人形?で大道芸みたいなことをしている人がいて、これはこれは


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

お前さんの先祖では!!!・・・違うかなあ?

そして、バストゥークの中枢である大工房のリフトは同区にある水車で動いているとのこと。

ヴァナディールにおいては割とハイテク感がある?かな・・・。

20年前の戦争時に、強い暗黒騎士であったガルカが行方不明になっていることの話もあった。そういえばウィンダスでは召喚士が行方不明になっていたなあ。

というわけで、次にウィンダスミッション『三大強国』のバストゥークでの続きをやっていく。

 

FinalFantasy 11
マロー

片田舎に住む、犬とゲームが大好きな人間の個人ブログです。基本的にFF14(ManaDC/Hades)を継続プレイしつつ、他のネトゲを+で遊んだりしております。

フォローする
スポンサーリンク
フォローする
INUISM