ウィンダスからマウラへ

FinalFantasy 11

試験の行方を終わらせたので、次のミッションである三大強国を開始。

~この日記はこんな日記です~

今回はちょっとネタバレ要素がありますのでご注意くださいね

 

スポンサーリンク

『あなた、冒険好きって顔してるもの。』

『三大強国』ミッション受注。

上のセリフ、心にドンときた。

 

ウィンダスのミッションをくれるNPCさんはミスラとタルタルの東西2名いて、今回はタルタルさんから受けたのだがもう片方のミスラさんは何というのか気になって話しかけに行ってみた。というのも、FF11のNPCは、語り方が本当にそれぞれで魅力的なのですよ。

東のミスラ隊の方々。

やっぱりミッションに対応してそれぞれ話してくれる内容があった。
ウィンダスはイイ国、手を抜いて生きてよい、よし覚えた。

隊長のRakoh Buumaさんは割と普通なんだけど、Sola Jaabさんは語尾がにゃんで何も考えてない感じ、Tih Pikehさんは語尾が「わん」でSolaさんよりは考えてそう。この部下の二人ほんと可愛いし、そばにいるエミネンスレコードのミスラさんもなんか天然で可愛い。このミッションで「しばらくここに戻れなくなる」ってまじか~!

FF14のミコッテは見た目は似てるんだけど、なんかミスラとは全然違う種族みたいに感じる。
なんでだろうな、会話の個性が強いんだろうかな?

ほんっと11ってNPCとの会話が楽しい。地図で迷おうが、クエストやミッションがよく分からなくなろうが、このNPC会話の楽しさがあるから続けていける。(MMOじゃなくて既にオフゲーのようになっているよう)

天の塔にて

書記官クピピさんとストーリー上では初めて対面。
(フェイス開放時に意味不明な会話をしてしまった気もするけどあれは夢)

ミスラの偉い兵士の人のセミ・ラフィーナ様も登場。ミスラのマローで始めたときに絡みのあった偉い人だけど、このタルタルのマローとは面識はない。族長の弓を引き継ぐ強い人という噂はミスラたちから聞いている。

上のおとぼけ系ミスラさんと話していたからか、セミ・ラフィーナ様めちゃくちゃ格好良い!白で決まってるしなんかすごくオシャレだしなんか顔もキリっとしている(ような気がする)。

『いい戦歴だ。見かけによらず腕がたつようね。
 ・・・・・・そして・・・・・・、運も悪いようだ・・・・・・』

えっ
いや確かに「白き書」の時はついてないな~と思ったけどそのことだろうか?それ以外になにか見えてたりするのだろうか?含みのあるセリフでドキっとする。そして許可がおりて他の国に旅立つことになった。

『ウィンダスは平和を尊ぶ中立国だということを、
 決して忘れないでくださいです。』

『他国で何と言われようと、
 20年前の大戦の悲劇をくりかえさぬようにするのが
 我が国の務めなのです』

クピピさんセリフが重い・・・重いよ・・・。つまり平和でない国々に行くということなんだな?な?!当然20年前の敵である獣人と仲良くしようとしているウィンダスは、他国からみたら非難されるのだろう。うーん、まだ見ぬ国々を思うと色々とワクワクする。

ブブリム半島~マウラへ

ミッション情報こんだけ。
く・・・もう慣れたさ・・・データベースサイトで調べて走るだけさ・・・

マウラという所に行かないといけない。マウラはブブリム半島にあるらしい。ブブリム半島ってどこや・・・そう、一つ前のミッションのNPCがチラっと言っていた地名だからウィンダスの比較的そばにある半島に違いない。

あったー!ウィンダスから東サルタバルタ→タロンギ大峡谷の東側だった。

Peninsula:半島

なんて(マウラMhauraまでは)分かりやすい地図なんだ・・・!今までの散々な地図だったゆえに明快な地図というものが嬉しい私であった。初めてやってきたこのブブリム半島という土地は荒野というか岩砂漠であり、遠くに海が見える。あまり人が生きるのに向いていなさそうな土地なのに港町とは・・・?いったいどういう町なのか楽しみですよ!

マウラに到達。うん、フィールドそのままの岩の町だな!

この町の疑問を総督府のNPCが説明してくれた。世界観の細やかさよ!ここはウィンダス連邦の貿易港なのね。ていうかウィンダスが連邦ってことは何か国かあるってことなのかな。

この岩は天然の奇岩らしい。そこに港を作って発展してきたという感じぽい。天然の岩を利用して家にして、削って階段にして、と思うと興味深い。

そしてこの町、プレイヤーさんが結構いる。ていうか多い。フレンド氏曰く『なんかのコンテンツ入り口だけど自分が居たときには無かったからごめん知らない』とのこと。アンバスケードってやつでしょうか。

 

デジョンリング

シグネットを更新しにウィンダスに札デジョンしたついでに、デジョンリングを交換した。10分に1回つかえるデジョン、なんて便利なんだー!

ワープでマウラに戻り、マウラを一時的にホームタウンに。ウィンダス→マウラにかかった移動費用は500ギルとちょっと移動するのもお高い。(この時点でたまっていたのが7000点くらいだった)

次回は、船に乗る前に婆さんの依頼をこなすことにした。

FinalFantasy 11
マロー

片田舎に住む、犬とゲームが大好きな人間の個人ブログです。基本的にFF14(ManaDC/Hades)を継続プレイしつつ、他のネトゲを+で遊んだりしております。

フォローする
スポンサーリンク
フォローする
INUISM