FF11 冒険1日目

FinalFantasy 11

いざ1日目。フレンド氏には「初心者向けの動画なんかを見て進めた方がいい」と言われたのですが、全く分からない状態を楽しめるのは今だけだろうし、昨今のMMORPGにおいてガチ初心者プレイなんて中々できるものではない極上のお楽しみかもしれない、と無予習で楽しむことにしました。分からないことに出会ったら聞く、調べる、というスタンスです。(コンフィグだけは最悪詰む可能性があったので、事前に設定しました)

動画や解説を前もって見ないなら~とフレンド氏が助言してくれた3つ

  • 兵隊さんっぽいのに話しかけること
  • クリスタルぽいのに触ること
  • シグニット?というものをやれ

なるほど。上2つはなんとなくわかるけど、シグニット?というものは分からん!

というわけでウィンダスにやってきたマローです よろしくお願いします。

スポンサーリンク

快適に移動できることは偉大だ

実はFF11での最大の不安はキャラの移動でした。

以前の経験から前述したようにコンフィグ設定が上手くいかないことによりゲームを離脱してしまう可能性が高かったため、これだけは前もって設定を行いました。おかげで自分の動かしたい方向にカメラやキャラクターを動かすことができ、ほっと一安心。以前はカメラや移動が思うとおりに行かなくてストレスが凄くてやめてしまった

思い通りに走れることが嬉しいのもあり、ひたすら町の中を走りNPCに話しかけていったのですが、NPCが語ることで感じられる街の雰囲気というのがなんだかとても良いと思いました。魔法に長けたタルタル主体の町であること、タルタルはなんだか帽子にこだわりもってるぽいこと、ミスラは帽子興味ないこと、魔法学校的なものににミスラが混じって頑張ってること、などなど。

見かけたタルタルの子供っぽいNPCかわいい。

地図が画面に表示されていないため迷いやすいのは難点ですが、地図の開き方も覚えたし、まぁ頑張ればなんとかなるだろうという感じ。

ゴブリンがおった、11と14では話し方が全然違う模様。デザインほとんど一緒なんだね凄いなぁ。

2002年からずっと存在していたのかと思うとなんだか感動してしまう。

地図とマーカー

NPCに【目的NPCのマーカーをつけてあげる】と言われて地図をみるもののマーカーが見当たらない。数回話しかけて地図を何回と見比べた結果、マーカーをつけてもらったNPCは今自分がいるマップじゃないということに気付き・・・同じ町でもマップが数枚あるんですなあ。今いるところが水の区で、行くところが石の区、なるほどな。そんでもって自分はメニュー全般ににでてくるページ移動の赤の矢印を見落としがちなので気を付けないといけない。

このジャックさんという機械(ガーディアン?カーディアン?ていうらしいけど)みたいなのってFF14のバルダム覇道に雑魚的でいらっしゃいませんでしたっけ。今度見てみよう。

この人から初心者チュートリアル的なものも受けられたので、やってみることにしました。今どきのゲームのように該当NPCの頭の上が光ったりするわけではなさそうなので、チャットログを何回も見直すことが大事なのかもしれません。覚えらんない!

彼の指示する通りに地図を見ながら移動し、無事にSeleleさんに出会えました。伊達に地図をみて町の中を1時間走ってないですからね。

は!これが!シグネット!フレンド氏が言ってたシグネット!これやな!
『シグネットがかかり、コンクェストに参加した!』
全然わからんけど貰える物はもらっておこう。

そして私は彼女から干し肉をもらい、干し肉を食らい。
彼女の指示によりLv上げに行くことになりました。

出口にいるNPCに「装備★シテ」といわれ自らが素手であったことに驚愕し、もっていたダガーらしい武器を装備してフィールドへ。

「アイテム」のほうからせっせと装備しようと思ったけど捨てるコマンドしかなくてギャーとなりましたが、「装備変更」の方から装備するのですね。装備できそうなものは手当たり次第装備してみた図。

話し方がFF14の魔法人形っぽい。魔法人形というくくりでは同じなのか。

町の外へ

そしてはじめて敵がいるフィールドへ。

ってまじかよ!マンドラゴラアアアアアア!

 

このまえ私君を育てたんですよ?私の事覚えてません?
ファイナルファンタジーXIV
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

いやー、色々11から継承されているモンスターや種族が多いとは聞いていましたがまさか君を最初に倒さねばならないとは。マンドラちゃんごめんね…

そういえばモンスターの落とす宝箱の施錠というシステムが斬新でした。

適当にマンドラゴラを倒していたらレベルが上がっていくようなので、敵を倒しつつゲーム内コンフィグいじりつつでSeleleさんのチャレンジをこなしていきましょう。

14プレイヤーが11の世界を旅するのは結構楽しいかもしれない。


Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

FinalFantasy 11
マロー

片田舎に住む、犬とゲームが大好きな人間の個人ブログです。基本的にFF14(ManaDC/Hades)を継続プレイしつつ、他のネトゲを+で遊んだりしております。

フォローする
スポンサーリンク
フォローする
INUISM