MENU
カテゴリー
アーカイブ

【FL】シールロック (争奪戦) 流れとルール PvP/6.15時点

FF14のフロントライン(FL)は、3つの部隊が同時に対戦する大規模PvPコンテンツです。最大72人でぶつかりあいます。現在のFLは「制圧戦」「争奪戦」「砕氷戦」「終節戦」の4つが0:00で日替わり解放されています。この記事は、シールロック (争奪戦)のページです。

★初心者向けフロントライン 簡易リンク

FLは申請時のジョブに経験値が入る+中でジョブチェンジ可能だよ!

というわけで、FL布教のために書くこととなりました。
まだ参加したことのないみんな!ぜひ参加してみてね!
→公式PvPガイド読んでね!ウルヴズジェイルでホットバーにスキル登録してね!

本音
6.15の今は確かに、バハムートとかビームとかすごいけど……盛り上がって欲しいなあ。
ぼくも つよつよビーム撃ちたい!→白魔導士でGO
ぼくのバハムートは さいきょうなんだ!→召喚士でGO
天誅でござる→忍者でGO

この記事はPatch6.15のものです
書いている人はManaDCでプレイしています

シールロック (争奪戦)は、シールロック、シルロ、争奪戦など色々な呼ばれ方をされています。この記事ではシールロックと呼称します。

目次

シールロックの概要

各地に湧く「リス」と呼ばれる点数を奪い合うゲーム
※リスは上書き可能

シールロック (争奪戦)はプレイヤーを戦闘不能にしたり、ランダムに起動するアラガントームリスから得る情報値の総量を競い合うルールのフロントラインです。

プレイガイド シールロック (争奪戦) より
  • 主に『リス』を奪い合って点数を競うゲーム
  • 『リス』を占拠し、防衛する必要がある
  • 高台とよばれる場所が複数あり、障害物も多い
  • 洞窟や浜辺や高台など色々
  • チーム24人全員で動くことが多い
  • 点数とリスとの算数が大事

オンサルとシールロックの違い

FLの【オンサル】と【シールロック】ではリス/土地との契約で加点されるという似たようなゲーム性となっています。が、プレイ感は大分異なります。

主な加点ルール(アラガントームリス・土地)

  • シールロック:『リス』の上書きができる。防衛が必要。
  • オンサル:『土地』の上書きができない。防衛は必要ない。

地形

  • シールロック:高低差が激しく、「高台」がある 視界が悪く狭い道が多い 岩場と洞窟 暗い
  • オンサル:ほとんどの場所で視界が開けており、シールロックほどの激しい高低差は無い 草原と川 明るい

KOの点数

  • シールロック:KO+5点 ダウン-5点
  • オンサル:KO+8点 ダウン-8点

BGM

  • オンサル:専用BGM

勝利条件と戦術値(点数)

800点で勝利 [20分]

もしくは20分の試合が終了した時に1番点数が高かったチームの勝ち

戦術値が定められた値に最も早く達した部隊の勝利となります。
獲得した戦術値に応じて残りの順位が決定されます。

プレイガイド 外縁遺跡群 (制圧戦) より

アラガントームリス(通称リス)の占拠で加点

△ 80点(Bランク)
◇ 120点(Aランク)
☆ 160点(Sランク:五角形)

約2分かけてフルで加点されるので、占拠し続ける必要がある。
他チームから奪い取っての再占拠での加点は無い。

ノックアウト(KO/キル)+5 
ダウン(デス)-5

勝つためには?
戦術値を増やす具体的な行動

勝つ=戦術値を800得る

定期的なスコアの確認も心がけよう

リスを占拠する

シールロック (争奪戦)には、「アラガントームリス」と呼ばれる、情報値を保有するオブジェクトが多数設置されています。アラガントームリスには、機能が有効化されている「起動状態」と、機能が無効化されている「停止状態」があり、起動状態のアラガントームリスを占拠することで、継続的に情報値を得ることができます。

リスの説明と画像の引用元:プレイガイド シールロック (争奪戦)より

全ての点数(情報量)が入り切るのに約2分かかり、かつ他チームの上書きもできる。というわけで、残り情報量が多い場合は防衛する必要がある。序盤はBランクばかりだが、後半になればAやSが出やすくなる。

リスの残り情報量は地図でカーソルを当てると表示される。縮小している場合やプレイヤーが多い場合はターゲットするのが大変で見づらいこともある。

・他チームのリスを塗り替えることができる(敵→中立→自軍の2段階が必要)
・制圧戦のように、リスの塗り替えでの加点は無い

KOを取る

敵をノックアウト(KO)することでで+5点が入ります。

HP9割まで減らしても、KOを取らなければ1点も入りません。辛い。確実に1人ずつKOして、確実に加点していく戦い方をする必要があります。適当にタゲって攻撃していれば追い払うことはできるかもしれませんが、加点することはできません。

→ターゲットマーカー
→タゲ合わせマクロ
→バースト告知マクロ など

ダウンされない(生きろ)

上と同じことですが、地味にこれが大事で難しい。
KOで自軍が-5KOした軍に+5つまり10点差が開きます。
ダウンしないだけで勝利に貢献していることとなります。

でも
ぼっ立ちは無気力プレイで通報対象ですから、KOされないように立ち回ることが非常に大事です。難しい。

マップ詳細

ちょっとした高台にリスが設置されている場所が何か所かあります。平地でもやぐらが組んであったり、柵がしてあったりと障害物も多いマップです。

全体マップと【リス】の位置

なんだか北にリスが少ない気がするぞ…

地形を分かりやすくしてみた図

中央付近の洞窟内リスが一番の高台

スタート地点

各チームの開始場所です。配属GCも所属関係なくランダム、また3か所ある内のどこのスタート地点になるかもランダムです。

ちょっとした高台となっており、下のフィールドとは隔離されています。飛び降りることでフロントラインの戦場に入ることとなります。その際、15秒の無敵バフが付与されます。

ノックダウンされた場合の復帰場所はここになります。
【デジョン】を使って戻ってくるのもここです。

ここではジョブチェンジが可能ですが、開始後にチェンジした場合は高揚値が貯まっていても0にリセットされます。

リス(アラガントームリス)

マップ上の○がリスの場所で固定です。ここを占拠することにより継続的に点数が加算されていきます。上書きすることが可能なので、点数が入り切るまで占拠し続ける必要があります。(=防衛の必要性)

洞窟エリア

マップの西側は、洞窟となっており暗くなっています

中央付近

狭い部屋が通路で繋がれているため、挟撃や白ビームの的になりやすいです。この付近で戦う場合は、退路の確認を怠らないようにしましょう。

また洞窟内から入れる「中央そばの高台リス」からは中央が見下せます。この高台は高く、地表からはカメラをまわさないと高台に立っているプレイヤーは視界に入りませんので、中央近辺のリスを狙う場合はこの高台に注意をする必要があります。

マップは広い!!!

マップは広いので、移動手段やスキルを適宜使う

マウント

マップの移動は基本的にマウント移動。ホットバーにあらかじめセットしておくべし
ただし騎乗中に殴られると速度低下デバフが付くので注意。

フロントライン内は通常のフィールドと同様に、所持しているマウントに騎乗でき、かつ戦闘中でも騎乗できます。マウント騎乗中に攻撃を受けた場合は確実に「移動速度低下」状態になるため、騎乗する際には周囲を警戒する必要があります。
※フロントライン内は、フライングマウントで飛行することはできません。また、二人乗りマウントに騎乗することもできません。
PvPガイドより

光ったりして目立つと、名前が表示されていなくても遠くからでも場所が割れてしまうので、地味なものが個人的にはオススメ。目立ちたいならもちろん別だが!

PvP系のマウントがあればそれに乗ると良い。PvPに通いなれてる人がいるぞというアピールで、他チームにマウントだけで圧がかけられる。かもしれない。

スプリント

自身の移動速度を上昇させる。
効果時間:永続
効果時間中に再使用やその他のアクションを実行すると、スプリントが解除される。

トグル式の永続スキルに。なにかスキルを使うと切れるのでこまめに入れよう。
移動速度UP=生存率UP。

デジョン

デジョンを実行するとスタート地点に戻ることができ、かつ戦闘中でも実行することができます。デジョンにリキャストタイムはありません。デジョンの詠唱中に攻撃を受けた場合、確実に詠唱が中断されます。(PvPガイドより

使うとスタート地点に戻る。詠唱5秒。攻撃を受けると中断する。平常時と違って長いリキャストタイムもないので気軽に使える頼れるスキル。

はぐれた時は、隠れてこっそり使うことで生き残ることが可能。敵陣の中で使う時は、できるかぎり物陰に隠れて使いましょう。

参加時の流れ

チャットについて

フロントラインでは、Say/Party/Alliance/Yell/Shout/FC/LS/CWLS/PvPTeamチャットおよびビギナーチャンネルを使用できます。
※Say/Yell/Shoutチャットは、同じ部隊に所属するプレイヤーの間でのみ使用できます。

プレイガイド 外縁遺跡群 (制圧戦) より

チャットは普段通りに使えますが、敵GCへのSay・Yell・Shoutは届かないようになっています。なにか自軍に伝えたいことがある場合などは、ShoutもしくはAllianceを使いましょう(ManaはAllianceを使っている人が多い印象)。有志のプレイヤーが指揮を執る場合のチャット(いわゆる軍師さん)は、Allianceで流れることがほとんどです。PTチャットはいつものようにPTにしか通じません。

ちなみに、開始時にはManaでは開始時に挨拶する人もいれば、しない人もいます。各自好きなようにすればよさそうです。
最初から最後まで無言で通しても問題ありません。あくまで私個人の意見ですので、挨拶しろよ!っていう方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

まず情報と自軍を確認

40秒弱で以下のことを確認及び実行することを推奨します。いそがしい!

マップ表示

ミニマップだけでは対応できないので、FL全般においてマップは常に表示して全体が見えるようにしておくようにしましょう。(本音としてはほんと地図と点数はクリコンのように専用UIが欲しいくらいです)

自軍はすべてのプレイヤーの位置が表示されますが、他軍は戦闘中のプレイヤーのみ表示されます。

地図を開いていれば分かること

味方全員の位置把握
戦闘中の敵キャラクターの位置把握
アクティブになったリス
リスの占拠され具合
(カーソルをあてることで)残り情報量

地図は必須
(専用UI求む)

配属された★グランドカンパニー(GC)の確認

現在は、自分が所属しているGCとは関係なくランダムに配属される。★マークがついているところが今回のチームです。この小さい画面でしか各国のスコアは確認できません。こまめに見よう!

ちなみに配属GCは高揚ゲージの旗の色でも判断が可能。赤=黒渦団 黄=双蛇党 黒=不滅隊

ジョブチェンジ
(および全アライアンスの構成確認)

スタート地点ではジョブチェンジが可能です。(FL申請時のジョブに経験値が入ります)
シールロックはPTごとで動く種目ではなく、24人全員で動くFLです。

6.1以降はみんなDPSセルフ回復になりました。好きなジョブでいいんじゃないでしょうか。
という中でも、制圧戦ではPT単位の押し引きが多く、他のFL競技と比べるとタンク・近接が突破口となり得ますが、やはりどうあがいても溶けやすい。今は好きなジョブでいいんじゃないでしょうか(再)。

全員DPSで自己回復なので、6.1前のようにPT構成を気にする必要はありません。

そんでもって、マウントに乗る

一番移動速度が速いのがマウントなので、開始時はマウントに乗りましょう。

スタート!

開始後は、各拠点から比較的近いリスで待機することとなります。
(本体についていけばヨシ)

開始30秒後に、4つのリスがアクティブになりますので、ここからが実質バトルスタートです。

占拠したリスがある場合は2分守り、点数を確保する。
占拠できなかった場合は奪い取りに行く。

2分が終了してリスが消滅→15秒後に次のリスがアクティブになる
10分経過でリス同時発生数が4→に減る

<点数表 再掲示>

シールロックFAQ

自軍のそばに全然リスがわきません

ランダムなので、勝利には運も左右します。

無敵の人がいます

洞窟スタートや南スタートのチームは、そばにリスがあるのでKOからの復帰者には無敵バフ15秒がついている場合があります。相手チームの拠点そばで戦う場合は「バフ欄」に気を配っておき付けましょう。

スタンしたと思ったら、豚になってバハムートで焼かれるのですが

仕様です。

特に中央近辺の狭い場所では範囲焼きのターゲットになりやすいので、戦う際は注意。

遮蔽物が多くて攻撃が届きません

このマップは柵や「やぐら」など視界を遮るものが多く設置されています。これを利用して「視線切り」で回避されることがありますし、自分自身も視線切りで逃げることが可能です。

柵は傾斜がある角度のほうからなら乗れるので、利用できる際はしてみましょう。

おわりに

「どこのチーム」が「どこのリス」を取りに行くのか、と点数とマップを眺めながら考えて戦うFLです。制圧戦のようなPTでの動きは無く、リスの争いのためのPvPがメインとなります。ゆえに、FL初心者の方にも比較的すすめやすいし、遊びやすい部類ではないかなと思います。

★初心者向けフロントライン 簡易リンク


この記事を書くにあたり、参考にしたロドスト日記様

シールロック(争奪戦)入門 初歩の初歩[5.1対応版](Lodestone日記)

公式のPvPガイド(Lodestone)

(記載ミス等ございましたらこちらへお願いします)

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる