MENU
カテゴリー
アーカイブ

【おひとりさま初心者向け】宿屋とギルドリーヴ 【第2回】

Lv9のメインクエストをクリアすることで宿屋とギルドリーヴが解放されます。というわけで、この2つを1人プレイ視線を少しだけ絡めて解説を。

目次

宿屋

宿屋は、おひとり様にとって重要な場所です。というのも、ここは序盤から使える他のプレイヤーが入ってこれない完全なるプライベート空間なのです。

人の目を気にしなくて良いので、使ってみたことのないエモートを試してみたり、実際に装備を着て眺めてみたり、なんていうことが気軽にできます。もちろん疲れた時の休憩にもヨシ。

宿屋は拠点となる世界各国の街に設置されており、どこの街の宿でも同じ機能が使えます(一部例外有)。街によって内装が異なり、おしゃれなものからボロボロなものまで…と、個性的です。

これが宿屋で使えるモノだ!

リムサ・ロミンサの宿屋
(どこの宿屋も同じ機能があります)

実際に機能が解放されるのはしばらく後になるものもありますが、宿屋では冒険する上で便利なものがいくつかあります。

整えられた寝台

宿屋なので、当然ベッドが有ります!

・・・特に機能が特別にあるわけではないですが、エモートが使えます。そばで「座る」とベッドに座り、そばで「居眠りする」とベッドに寝ます。「ポーズを変える」でポーズが変わります。

スヤァ

コミニュケーションエモート全般居眠りする
コミニュケーションエモートスペシャルポーズを変える

また、宿屋でログアウト→ログインすると、数秒の寝起きムービーと共にログインします。種族ごとに異なっていてとても良いので、是非一度は見ていただきたい!

美容師の呼び鈴

(Lv15~16あたりのメインクエスト完了後→サブクエスト完了で使えるようになります)
その名の通り、髪型や髪色や髭などの美容院的な外見変更ができる場所です。

ちなみに1回2000ギルです。

呼び鈴(リテイナー)

(Lv20+あたりのメインクエスト完了後にリテイナーを雇えるようになります)
使用人リテイナーを呼び出せる場所です。街にもあります。

愛用の紀行録

今までの冒険(各種クエスト)のムービーを、再度見ることができる場所です。

愛蔵品キャビネット

一部のジョブ専用装備(Lv45AFなど)やシーズナルイベントの装備等、この愛蔵品キャビネット内部に保管することができます。

ここに入れてある装備は、ミラージュプレート編集に使うこともできます。

総課金日数でもらえるクラウドなどの装備(ベテランリワードで貰える装備)もここに入れることができます。

ミラージュドレッサー

(Lv15で受注できる「武具投影」解放のサブクエストにて解放)

見た目用装備の保存場所で着る場所です。
保存した装備を使って、ミラージュプレートを設定することができます。
装備をドレッサーに保存するには「ミラージュプリズム」というアイテムが必要です。

詳しくは公式ガイドにて。

オーケストリオン

手に入れたオーケストリオン譜を宿屋内で流すことができます。

FF14には「オーケストリオン譜」というものが存在し、ダンジョンでドロップしたり、製作で作ったり、各種コンテンツの景品になっていたりと様々な入手方法があります。

マーケットボードで購入も可能で、安いものから高いものまで様々です。

所持している譜面や入手方法を確認するには
手帳の管理→オーケストリオン譜面帳

トイボックス

過去にシーズナルイベント等で遊んだことのあるミニゲームが遊べるようです。

ギルドリーヴを開放してみる

宿屋と同時に解放されるのがギルドリーヴです。

リムサのギルドリーヴカウンター
チャ・モクリ

「ギルドリーヴ」とは、我が冒険者ギルドに寄せられた周辺市民からの依頼を、冒険者に斡旋・分配する仕組みです。

内容は、魔物退治のような「傭兵稼業」から物品製作といった「製作稼業」など、さまざまです。

冒険者にとっても、腕を磨くよい機会となるでしょう。

なんだか凄そうな名前がついているのでとっつきにくいですが、名前が長いこともあり通称「リーヴ」です。簡単に言うと回数制限のあるクエストという感じです。Lv50までの新生編では、戦闘(傭兵)・製作(クラフター各職)・採集(ギャザラー各職)の3種類があります。

各町には酒場にギルドリーヴNPC(GUILDLEAVES)がいます。リムサはチャ・モクリさんが担当なので、彼女から紹介されたNPCのところへ行き、指定されたリーヴを受注。

最初の最初は戦闘のリーヴですね。

受注したリーヴが発生する場所は決まっており、地図に緑色のエリアが表示されています。そこまで行って、ジャーナルを開いて、開始を押すことでリーヴを行うこととなります。

地味に手間が掛かる

失敗して死に戻り(エリアチェンジ)したら失敗扱いとなるので、権利が勿体ないなーというときはホームポイントを同じエリアにしておくと良いらしいです。が、実のところ私は登録しなおすのが面倒くさくてしたことがありません…。

難易度の設定

難易度を上げることで敵のレベルが上がります。上げれば上げるほど報酬が増えますが、当然キツくなります。調子に乗って難易度+4にしてみました。意外とすんなりクリア。カーバンクルさんのバリアのおかげか。

宝箱は見かけたら開けよう。スルーしても問題はないよ。

リーヴをクリアすると、転送について聞かれます。タダで飛ばしてくれるので、ありがたく使いましょう。

4段階の難易度ボーナスということで、なんか経験値いっぱい貰いました。ギルもちょっと貰えました。
ありがてえ。あ、あとなんか靴ももらいました。

リーヴについては公式の「シーレン先生の初心者の館 WEB版」に詳しく書いてあります。

「1人のちょっとした時間でレベル上げをしたいな~」という時には、フィールドでのFATEギルドリーヴサブクエストなどで少しずつ上げていく感じになります。

<おひとり様ソロプレイヤーへの注意>
直後に発生する「ギルドオーダー」はPTマッチング有り

この直後、ギルドオーダーを開放するクエストがわきますが、他人様とのマッチングコンテンツとなります。特にしなくても困らないので、完全なるソロ専の場合は解放する必要はありません。(クエストアイコンが気になる場合は解放だけして放置でもOKです)

「PT」というものの練習には最適、ではあるが…
(個人の感想)

リーブについての補足事項

受注権について

ジャーナルを開くと、受注権の表記が有ります。
コンテンツ情報→ジャーナル

【リーヴの回数について】
午前9時と午後9時に3回リーブ権が増えます。1日で合計6回分だね!

製作レベリングによく使われているイメージ(がある)

中でも製作職であるクラフターのリーヴは、コツコツ作り続けてレベルを上げるよりも「色々」と効率が良いため、リーヴ納品でレベル上げをするプレイヤーも多いです。(HQ納品)

マーケットボードで人様が作ったものを買って納品する、なんていう事もできたりする…。

依頼者は町に住んでいる人たち

依頼主は町のNPCで、受注画面には「これこれこういう理由でお願いします」と説明があります。読むのも面白かったりします。

レベルごとに解放が必要

レベルが上がっていくと初期街以外でもリーヴを受けることができるようになり、製作リーブなどでは初期街⇔他の地域で行き来するもの(経験値うまし)が増えたりします。というわけで、リーヴをする場合は各地域ごと=レベル毎に解放していきましょう。(これは新生編Lv50までの仕様で、それ以降は拠点の1か所解放だけでOKな感じ)

場所ごとに、実力の確認が毎回入るっていうね…

その都度リーヴ権も消費するのだぜ

  • Lv1~(各初期街)
  • Lv10
    リムサの人:西ラノシア スウィフトパーチ入植地
    グリダニアの人:中央森林ベントブランチ牧場
    ウルダハの人:東ザナラーン ホライズン
  • Lv15
    西ラノシア エールポート
    東部森林 ホウソーン家の山塞
    東ザナラーン・ドライボーン
  • Lv20
    低地ラノシア モラビー造船廠
    黒衣森  南部森林クォーリーミル
  • Lv25
    黒衣森 南部森林クォーリーミル
    南ザナラーン リトルアラミゴ
  • Lv30
    東ラノシア・コスタデルソル
    南部森林 トランキル
  • Lv35
    クルザス中央・アドネール占星台
    東ラノシア ワインポート
  • Lv40
    クルザス中央 ホワイトブリム
    北ザナラーン ブルーフォグ
  • Lv45 モードゥナ コイナク財団
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる