ララフェル女の顔パーツ

FinalFantasy XIV

幻想薬のお供に。
キャラクリ時に考えていることをまとめました。量産型という視点でオススメを述べていっておりますが、ここでいう量産型とは無難でチャレンジをしないキャラクリを指しております。

長くなってしまったので、2ページに分けております。
キャラクリの身長と頭の大きさに関してはこちらをどうぞ

スポンサーリンク

顔パターン

キャラクリエイト画面において、Ver.5から顔パーツの配置が変更になっております。これに伴って画像の差し替えや記述の変更を行っております。

「ほくろや傷」での眉毛ON/OFFで顔の印象が大きく変わる顔パターンがありますので両方を載せています。基本的に2種族共に同じですが、顔4の眉毛だけ違うようです。

プレーンフォーク

デューンフォーク

デフォだと顔4には眉毛がありません。

顔パターン総括

顔1

人形のような綺麗なお顔で肌も綺麗なので迷ったらこれ(その1)。デューンの場合は瞳が無いので無表情で怖くなることもあるかも。耳は黒くない。

顔2

くりくりした目が特徴的な幼めのかわいい顔。どうあがいても可愛いが作れるので迷ったらこれ(その2)。デフォで頬が赤いがフェイスペイントで色を足すことにより修正可能。耳が黒い。眉毛ONにすると太眉になるが、3を選ぶことで回避可能。瞳孔のあるプレーンフォークは目が細長く見えがちになる。

顔の赤みは消せる

顔3

タタルさんの顔。垂れ目なので可愛い。そばかすはフェイスペイントでもカバーしきれない。耳は黒くない。

顔の黒ずみをフェイスペイントで消そうとしてみた場合

顔4

ジト目顔でジト可愛い。デフォで頬が赤いが右上と同じくフェイスペイントで修正可能。耳が黒い。眉毛ONにするとほぼ太眉になるが、3を選ぶことで回避可能。アイシャドウを付けることで印象が一変する(後述)。

まとめ

量産型の「かわいい」を作るなら1か2の顔パターンとなる。綺麗系のドールなララフェルを作りたければ1、可愛い系もしくは顔1が無表情に感じる場合は2をオススメする。が、じぶんだけの じぶんのすきな ららふぇるをつくるべきだ!

肌の色

プレーンフォークの肌の上の方が緑色というか黄色味が強く青白くなります。対するデューンフォークも上段左端だけはデューンらしからぬ血色のなさになります。量産型視点で無難な感じを目指すならという視点では、赤で囲ってあるあたりが無難でしょうか。緑色で囲ってあるところは緑~黄色味の肌色です。

顔の輪郭

ララフェルで難しいと感じるのは輪郭。分かりやすいように黒髪になってます。

1 デフォルト
2 シュッとしてる
3 大人顔(1より少し顎が出ている)
4 幼児顔

量産型なら1、クール系なら2か3、プクプク可愛いなら4

1と3の違いが分かりづらいですが、単に顔が大きいのではなく目から下の顔部分が長くなると年上に見えるので可愛いララフェルというより少しお姉さんのララフェルという違いがでます。横向き時に、より顔の下を小さく見せて幼くさせているのが4です。

こんなイメージ(*’-‘*)

髪型による頭のサイズの違い

髪型によっては頭が盛られていくので、相対して顔のバランス悪くなることがあります。

 

次は目のパーツです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました