【Lサイズ】 ミスト/ラベ 立地比較

先日、ミストL5/35とシロガネ以外のLハウスが最低価格で買えるということで鯖移動をしました。さてどこを買おうかな?と思い比較をしていくとますます決まらないという沼にハマってしまいましたので、調べた内容をまとめます。

スポンサーリンク

マーケットボードまでの距離

SやMだと家の目の前にある、という物件もありますが、Lサイズは総じてマケボが少し遠い。家テレポ到達地点あたりからマケボまでの徒歩距離を測ってみたよ。家を出てから、となると更に+3秒くらいかかるよ。

ミストヴィレッジ


L 2/32 約7秒(アパルトメント側)/10秒(家の右手)
L 5/35 約9秒(海側)/10秒(アパルトメント側)
L15/45  約10秒  ※図は通常区

ミストはL2/32が近いものの、アパルトメント住人が多い場合は混じって使うことになる。15/45はマケボは家から見えるそこそこ近い距離なのだが、なぜか遠く感じる(個人差があります)。
マケボは角を曲がるとか景観が良いとか階段を上下などの刺激があったほうが、実際には遠くても実際の距離より短く感じるような気がします。

ラベンダーベッド


L 3/33 約17秒
L 6/36 約10秒
L28/58 約10秒 ※図は通常区

3/33 家の出口に小さな岩の進路妨害。15秒オーバーと遠いためマケボを頻繁に利用する人はストレスを感じるかもしれない。

6/36は、橋を渡って歩いていくためちょっと遠く感じる。リテイナーベルが少し離れている。このマケボが最寄りマケボとなっている家が多いので、ここのマケボは人が居る確率が高いかも。

28/58も6/36と同じく橋を渡っていくため少し遠く感じる。

ミストとラベンダーハウス
Lハウスのマケボまとめ

マケボを考えるならラベL3/33が選択肢から外れる。それ以外は大きな差はないと思った。ミストはラベよりも1~2秒短いが、1番人気のミスト5/35以外はリスクもあるのでそちらを考慮したうえで決めると良い。

と書きつつ、マケボまでの移動時間は1秒でも短い方が良い。少しくらい遠くても…とかスプリントやマウントに乗れば、と思うのだが、昔マケボから遠いところに住んていた時[家⇔マケボ]は頻繁に移動することになるため いちいちマウントに乗るとかスプリントを使うのさえ面倒くさくなって結局家に戻らず町にいた。

というわけで、やっぱりマケボはできるだけ近い場所が良いと思っている。人間とは楽な方に楽な方に流れるようになっているのだ…( ‘ ε ‘ )

近すぎると家のすぐそばに人が集まってうるさい ということもありえますが、それは後述の景観問題と同じような運の絡む問題だと思います。大人数FCのそばのマケボは人が集まるので事前に近隣チェックができる場合は調べて回避するのも手です。

景観の比較

マケボか景観か は永遠の課題である。

通常街と拡張街との違い

角度が違うだけで、根本的には同じ。拡張地区だけは 頭に[拡張街]と付くのでそれが気になるかならないか。

町やNPCから区に飛んだ時に飛ぶのは通常区。
この点から通常区から土地が埋まっていくことが多い。

しかし実際に住むにあたっての一番の違いは、通常区と拡張区は土地の向きが90度異なるということだ。通常区と拡張区では東西南北が違うため、山や崖などによる影、そしてLハウスは大きいためにハウス自身が落とす影の向きも異ななってくる。また朝日・夕日の向きも同様に異なる。

ミスト

※拡張区の日没は、それぞれの家に対しての向きに対しての方角という感じ?で日没位置にバラバラ感があるので現地確認推奨

通常の区画では1日中満遍なく日が差す感じ。

ミストで大きく関わってくるのが海に沈む夕日を見たいか否か。
通常区では画面の端に日が落ちていくのでL5/M30や船着き場あたりでないと見られないが、拡張区では目の前の海にどーんと夕日が落ちていくため南側の区画以外は海に沈む夕日を見ることができるのではないだろうか(未確認)。L45など東の立地では夕日は見ることは見えるけど、L32程ドーンという感じではないかな~という印象だった。逆に拡張区の東側は崖になっているため、朝日が入りづらい。朝日を優先するなら通常区画の方が良い。

▼拡張街での夕日

▼対する 通常区
船着き場や海沿いからしか見えない(SSで見える家はL5)

ラベンダーベッド

ラベンダーのLハウスは控えめに言っても向きがおかしい。基本北向き、通路を向いていない。何を考えてこの住宅街を作ったのか?街づくりの基本設計を疑うレベルでLサイズはひどい。通路と入口正面を向いたL家を建てたいならラベンダーベッドは選択肢から外れることになる。

Lサイズだけに限ったことではなく、全体的に謎の岩で視界が遮られていたりとかナンダヨコレーーーというものもあり、中々難しい。しかし、鳥のさえずりが聞こえる緑豊かな地域、という癒し空間だ。

基本的に変な方向を向いているので日照時間が短い、というか北以外を向いている家が6と58しかない。それでも自然豊かなラベンダーベッドのLハウスに住みたい!と思う場合は、通常・拡張共に実際に建っているハウスをエオルゼア時間の晴れた昼間に張り付いて庭の影を観察すべき。その上で納得して購入したほうが後悔が無いだろう。

マケボと近隣を踏まえたうえで、
Lハウスの個人的な評価

●ミストL5/35
目の前のM家が気になるくらいか。あまりほかの家が気になる場所ではない。海のすぐそばというのが大人気ポイント。今回は売り切れの為、選考から外れているためSS無し。

●ミストL2/32

目の前のS家、M4、L5が目に入る。この3件以外はあまり視界に入らない。高台から眺める海だが、そばの花畑など雰囲気はとても良い。ただアパルトメントの隣なので今後何があるか分からないのがリスクポイントでもある。不安なら32のほうが良いだろう(ただ朝日があまりあたらない)

●ミストL15/45

目の前のMにすべてがかかっており、Mの外観次第で最大の売りである景観が半減、いやハウジングを楽しむ気力が失われる可能性さえある。

SSのようにMに城が建ってしまったら景観が半分失われる。パイッサなら茶色い山ができる。お店形式の家だと細長い塔が経つ。実際に見て回ったところ、前のMハウスは外装を特殊なものに変えている家が比較的多かったため、景観目当てにこの土地を選ぶのはリスキーだと思った。前にお城が建つ前提で選ばないと心が折れるかも。

●ラベ3/33

通路側(広場)からは家の側面しか見えない1件隔離された感じの家。広場までの階段などが敷地っぽくていいなと思う。家は大木を向いている。

裏からはアパルトメントや滝が見え、家の横には川が流れている。

家の向きが変わるだけで評価が爆上がりしそうなのに、本当にもったいない。

●ラベ6/36

1件離れた感じ。家は崖というか道を向いているが実は小川が流れている。6は西向きのため、午前中は日影。昼からは明るい。36は北向きで全体的に日は差しているが、ハウスの影が常にある感じがする、ほんと角度何とかして。入口から横向きに建ってはいるが、3/33とは違い、家がメイン通路から正面で見える。


家の接している緑豊かな小道を下ると滝があり、なかなか癒されるのでは。土地が安いのもポイントが高い。3に比べるとマケボが数秒早いのも良い。個人的に向きを除いたら高評価のラベL物件である。

●ラベ28/58

となりの29/59が気になるかもしれないけど視界を遮る岩が生えているのであまり見えない。というか予想以上に岩が生えすぎでは!

ラベンダーベッドの奥の方は大木があったり木が多かったりで、開けている船着き場近辺より周囲が少し暗めなのが注意。28/58は引き籠れる土地だが、極近のマケボは利用する家が多い。景観を全く気にしないならあり。

他、細かい内装の違い

立地には関係ないが、変更できない点で異なるところがあるようだ。

Lに限らず天井と柱の色が固定の為 白い壁紙などを利用する場合はミスト、暗めの壁紙を使うならラベンダーがおすすめ。このせいかラベンダーベッドの家は暗くなりがちだった気がする。

入って正面の踊り場、2階右手のカウンター?みたいなところも違う。
踊り場の飾り棚は、ラベだと3つに分割されている。
左ミスト 右ラベンダーベッド

凝ってるのはラベンダーベッドかも。

個人的な総合判断

ミストL5/35 無難な選択肢。マイナスポイントが少ないのが良い
今回は売り切れているため選択肢にはございません。

以下 同率

ミストL2/32 マケボがLの中では近い アパルトメントが不安
ミストL15/45 側の住宅が無く高台の景観もよい、真下のM家次第
ラベL6/36 ラベンダーベッドで選ぶならここしかないかもしれない

次いで、

ラベ3/33 マケボからかなり遠いのが大きなマイナス
ラベ28/58 岩が邪魔すぎる 家の前に専用橋があるのは素敵

という結果となりました。いまだに迷っているため家を買えていませんが!

夕日より朝日派なのでミストL2 L15 ラベ6の3つから選ぼうと思います。うーん、選べる素晴らしさ。

ゴブ5もいいよね・・・他区画1個も売れてないから買う勇気が無い。

余談 住んだ感じ

ミスト1か月、ラベンダー8か月くらい。ゴブは昔1か月くらい。

●ミスト
最初はウキウキしてリゾート気分で楽しかったのですが、1か月経ったあたりには晴れた日は青と地面の白で目がチカチカして、目に優しいラベやゴブのフレ宅にいるようになってしまいました。また、色々な家が建つにつれてミストの景観の美しさは、海と空もさることながら、統一された白い家々なのかもしれないと思った(背後のパイッサハウスを見ながら)。

●ラベンダーベッド
緑豊かでいいなあと思っていたけど奥地に住んでいたため崖と大木で少し暗いのだけは嫌だった。パイッサハウスが思いのほか違和感が無くなじむ、また木々があるため視界を適度に遮ってくれる(逆にうるさく感じたりもする)。鳥の声や、場所によっては水のせせらぎが聞こえるのは素晴らしい。夜に光る草や照明が可愛らしい。

一度ミストに住んでバリバリのリゾートを体感してからだと、長時間作業したりするのにこの緑が最高ではないかと思ったりした。

●ゴブレットビュート

一番売れるのが遅いゴブだが、風車の無い方の区画は階段や通路が迷路のようで、ファンタジーな都市的雰囲気があってものすごく好き。シェアハウスにお邪魔して入り浸っていたりする。惜しむべきは家の基本建築3パターンの微妙さか。