MENU
カテゴリー
アーカイブ
FF14関連カテゴリの設定を変更したため、ブログ内のURLやRSSが変更になっている場合があります

ミコッテに戻ってセイントウィングをエンジョイする

先日ヴィエラになってエンジョイしていたところPatch5.31がやってきた。

「セイントウィング」試したい!(・・・ぐ 我慢だ)
やったーフレースヴェルグ装備箱getだぜ!(・・・帽子が表示されぬ)

というわけでミコッテに戻った。勿体なくて泣けてくるがモチベも大事なんでな!そろそろセールで購入した幻想薬が無くなってしまうよトホホホホ。

 

前回のミコッテが可愛すぎて疲れるという謎の現象に見舞われたため、可愛すぎず、ボーイッシュすぎもせず、という良い塩梅を模索した結果こうなりました。

正面からだと普通なんだけど、俯瞰気味でSSを撮影すると釣り目気味になる

あああああああああ 格好いいいいいいいいいいいいいい!
セイントウィングなミコッテさん格好いいいいいい!
アゴもそこまで鋭利に尖ってないしゆるふわ系甘々すぎでもない!

顔1輪郭3眉1目1鼻3口3瞳大きい
肌:下から10左から2/目:左から3下から6/髪の色:上から5左から2メッシュ:下から6左から3/唇の色:上から4左から2の薄い/フェイスペイント:右上アイシャドウ/ペイントの色:右上の黒を濃い

試行錯誤中の話

前回の姿(ほぼこのすがた)とはちょっと違う雰囲気にしたいということで・・・

最初はある程度の可愛さを残したかったので顔3で思案していたのですが、可愛くなりすぎないようにすると輪郭問題が出てきてウワーっとなり、結局模様のない顔1に落ち着いたのでした。結果として生まれた記事が顔3の輪郭のやつなんですがね、はい。ちなみに4日くらい迷いました。
 
目1と目3でも最後まで迷いましたが、格好いいと可愛いの両方に融通が利きそうだということで、目1にしました。顔3だと釣り目にしても可愛さがにじみ出る。猫目っぽさと口元の甘さがいい具合だよなぁ。
 

幻想薬に関しての雑記的な。

ブログを書く人は「姿を変えないでキャラの姿を同じに保つこと」はブログのイメージを保つために大事だと言われており、そうあった方が良いだろうなと常々思ってはおりますし、読むほうとしても分かりやすいです。が、昔から私は姿も髪型もバキバキ気分と装備で変えていくスタイルなので実のところどれがFF14のマローのイメージなのか分からんし、3年経った今でもこのブログのイメージ像さえ分からないというザマであります。地味にそこらへんが最近の悩みだったりしますが、どうしたもんかな。
 
ちょっと前までは「FF14での私って誰なんだろう・・・」というアイデンティティの闇に陥ることもしばしばありましたが、ここ1年の間は諸事情により性別を固定するようになったからか謎の闇は減りました。ラハブレアの爺さんの話を聞いて、なるほどなあと思ってしまったので、姿っていうは大事なんだと思います。幻想薬は適切に使っていきましょうw

せっかく帽子かぶれるようになったのでフレースヴェルグ装備一式。

あ、うん・・・手は可愛いな。手は可愛いぞ!

って染色したら手と足はファーだけ染まるんかい!!!
(ちなみにもともと装備していたネックレスが表示されております)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる