FCマスターをして3か月の心

実は1か月前にFCが破綻(人間的な意味で)しました。

人間関係からFC解散の危機を2回体験した者としての あくまで殴り書きであり、とても個人的な見解であり意見であるということを最初に記しておく。

スポンサーリンク

人は善人だと思っていると危うい

FCってどう運営したらいいんだろう?
マスターってどうしたらいいんだろう?
検索するとためになりそうな情報が沢山出てきます。
有名どころの方も色々アドバイスをされています。

独断ではなくみんなで決めたらいいかもしれない。
みんなで集まって会議をしたらいいかもしれない。
イベントでちょっと何か催し物をしたら楽しいかもしれない。

だが ちょっと待て。

人間というのは
憎しみ妬み、私利私欲の塊である

サブタイトルが極論じみていますが…

長年の付き合いがある者同士の輪ならできることでも、付き合いの浅いできたての輪では成り立たないことも多いもの。会議一つをとっても、時間にルーズな人や行く行く詐欺などでうまくできないということさえもありえます。

また、よく聞く「FCとしてのまとまりや家族的の繋がり」を目指すとしても、大前提として「悪意が無い人たち」の場合に成り立つことです。誰かに対して敵意を持つモノが居る場合、一般的な【FCかくあるべき】という理論は通用しません。

嫉妬深すぎる人や、人との優劣を気にしすぎる人、極度のマイナス思考などでも「まとまり」への大きな障害となり得ます。個性といえば個性なので、うまくいく場合はいいのですがうまくいかなかった場合は「FCのまとまり」への大きな亀裂と化し大きな傷になってしまうのではないかと思います。

だからといってマスターはその人たちを切れるか?というと、体験のうちにそれが判断できればいいのだけど大概あとから見えてくる。

みんなニコニコ楽しいFCは幻想である

更に、妬みや恋愛関係からくる愛憎が絡んでくると全てに悪影響がでてきます。如何にマスターが中立的な立場にあろうとしても、勃発した人間同士の争いと妬み憎しみは他人へ伝わり空気がよどみ、結果としてFCを蝕んでいきます。

人は他人と比較して優劣を感じる生き物ですので、多数の人が集まるFCは必然的にもめ事が発生しやすい場所でもあります。特にネットゲームにおいては他人より優れている装備や見た目などの実装がセールスポイントあるために、どうしても負の感情を抱きやすいです。みんなニコニコ仲良くなんていうものは理想でしかなく、人間関係の負の火花は常に発生しているものだとFCマスターは思っておくべきでしょう。

むしろ、人間関係のイザコザが起こる前提で色々決めておくべき。

気の合わない人はどこにでもいる

また「自分自身と周囲の人がみんな気が合う居心地のいいFC」なんていう理想郷はなく、誰かしら合わない、ちょっと苦手、というのが普通のことです。当然です、色々な人が居るのですから。その上で「じゃあちょっと苦手なあの人とどういう風に付き合っていくか?」と考えいくのが無駄な争いを避ける無難な選択肢でしょう。じゃあ他のFCに行こう、としていったとしても、どうせまたそこで合わない人が出てくる可能性が高いです。(もうどうあがいても無理、と距離をとるのは最後の選択肢でしょう)

逆に「アイツが苦手だし妬ましいから締め出そう」というようなことはあなたが残念な人だということをアピールしているだけです。特に派閥やグループの結成など、私の主観でしかありませんがこの風潮は女性に多いように思います。

人の言葉は長期信用するな

きちんとルールを決めていても、平気で約束を破る者もいれば知らん顔している者もいる。口では「マスターについていくよ!頑張って!」といいつつ分が悪くなると一番に抜けていく者さえいる。世の中とはそういう人が多数であり、人の言葉というものは「発せられたその瞬間のみ」しか信じることはできないのかもしれません。

人を信じすぎてすべてを腐らせてしまった。
私は残念なFCマスターでした。
人の心は基本的に悪であると達観すべきかな と思う昨今です。

1か月たった今

残ったのはMサイズのFCハウスと若干名のメンバー。

今まで旧FCを引き継いだマスターとして頑張ってきたつもりでしたが ここで一区切り。しばらくフレンドの集まり的なこじんまりFCをやっていこうと思います。トンベリ自体が鎖国になっているため新しい出会いが難しく、性悪説運営をしていくこともあり表立って募集はしておりません。残ったメンバー全員が鯖移動したためFCは冬眠状態となっております。

本当に悲しいことだったので、休止しようかとか他鯖に移動しようかとかいろいろ考えました(結局した)。しかし、私はFF14続けるよ!!!!!!負けるかこんちくしょう!

というわけで気分一新のため名前が変わったのです!
フレンド各位 ごめんね!