MENU
カテゴリー
アーカイブ

ミッドランダー男性「無精ひげ顔タイプ」について

Ver.6でミッドランダー男性の無精ひげ付き顔タイプが追加されました。元々6タイプと最多の顔タイプを持っていたミッドランダー男性ですが、これにより選択可能な顔タイプが7となります。

Ver.6からのミッドランダー男性 顔タイプ

この記事においては、顔のタイプを上記のように1~7と番号を付けて呼称しています。

目次

「無精ひげ顔タイプ7」は顔タイプ5の亜種っていうか同じ

Ver.6で追加されたミッドランダーの新しい顔タイプは、PVに出てくる「ひろし」のようなヒゲ対応の「ひろし無精ひげ」を実装するために追加された顔タイプです。(吉田PDの説明だとこんな感じだった/「ひろし」については↓に記載)

という実装の流れもあり、元々あった「ひろし顔」と9割同じ顔となっています。ていうかヒゲ以外同じです。

1つだけ違うのは、顔タイプ刺青がほんのり小さい?場所が違う?というだけでしょうか。顔タイプ5の刺青の位置に拘りがあって…とかでなければ本当に誤差でしかありません。

誤差レベル

ミッドランダーのヒゲについて

顔タイプ1~6まで「傷や髭など」のオプションにて髭をONにして比較したSSです。顔タイプ7はデフォでヒゲがありますが、さらに追加で「傷や髭など」で髭を盛ることが可能となっています。ので両方掲載。

※ゲーム内で正しくは「髭や傷など」です
髭のうえに更に髭を乗せることが可能(顔タイプ7)

顔タイプ7:髭の色具合

無精ひげ部分への色は、あまり強く出ない感じです。ほんのり。「髭や傷など」から髭を足すと、結構アゴは濃い感じになります。

ハイランダー顔タイプ4と比べてみる

この顔が実装されるまでに「無精ひげ」というものに一番イメージに近かったのがハイランダーの顔タイプ4でしたので、比較をしてみます。

これがミッドランダー顔タイプ7

ハイランダー顔タイプ4(髭ON)

こうやってみると、髭や色の出方なども大分違います。

この顔のデメリット

無精ひげを欲していたプレイヤーにとっては非常に喜ばしいミッドランダー男性の顔タイプ追加なのです。が、エオルゼアの美容院(理容室?)において、この顔だけはたぶん髭を剃ることはできません。(なかのひとは実際に試してない)

恐らく髭を剃るには、見た目を変更するために有料のオプションアイテムである「幻想薬」が必要になるでしょう。

主に髭に対する考察となりましたが、このあたりでこの記事を終わります。

余談「ひろし」

この顔タイプ5はFF14のPVなどで主役を務めるミッドランダー男性のヒカセン、通称「ひろし」の顔です。紅蓮あたりから渋くなり、ここ最近では「ひろし=無精ひげ」というイメージに(私の中では)なっています。新生~蒼天のひろし若い。蒼天と紅蓮の間に何があったんやろ。

起動した後に見られるオープニングムービーより各時代のひろし

余談ですが、MOVIE&TITLE VERSIONを選択すると、ゲームを立ち上げて各拡張のムービーをみたり、起動画面&BGMを切り替えることができます。

目次
閉じる