MENU
カテゴリー
アーカイブ
FF14関連カテゴリの設定を変更したため、ブログ内のURLやRSSが変更になっている場合があります

蒼天の極【ニーズ・ナイツ・セフィロト】を解除でペア攻略

パッチまで間の開く季節、放置していたエウレカのレベルを上げたり、蒼天の極ペア攻略をはじめた。というわけで今回は、蒼天の極ペアメモその1。

鳳凰目指して頑張るコース。忘れる前に雑多にまとめ。

目次
スポンサーリンク

蒼天の極蛮神:過去の戦歴

自分が蒼天の中盤あたりでFF14開始組、フレンド氏がドラマ後にで新生以来の復帰組。互いに実装時の強さでのチャレンジ履歴無し。私自身は昔に解除で連れて行ってもらったことはあり。

以下 制限解除でVer.5.1でチャレンジした時(IL460-470)

極ラーヴァナ:戦+白 ゴリ押せた
極ビスマルク:戦+白 ゴリ押せた
極ニーズヘッグ:戦+ヒラ 超える力モリモリでなんとかクリア。途中の雑魚3体フェーズが鬼門。周回はまだできず。
極ナイツ:構成はタンク2、タンクLv80ではなかったため履行で溶ける。強攻撃が多い。倒せず。

Ver.5.1時点での反省点は、タンクのレベルとILでありました。というわけで、二人ともタンクをLv80にしてILを480-490で揃えたVer.5.2。再スタート。

IL480-490 蒼天の極蛮神(制限解除)

極ニーズヘッグ

IL470では厳しかった極ニーズから鳥を目指してリトライ。戦+学/白

3体フェーズと青赤フェーズを超えられればゴリ押せる。Ver5.1で倒せはしてたので余裕はある。ILの上昇によりめちゃくちゃ楽になっている感じ。戦+学で周回したけれど、バリアがなくても戦闘不能にはならないため白でも問題なし。結構HPがえぐれる。

ペア討伐時のメモ

雑魚3体フェーズ:
戦+ヒラでも左右の雑魚は1体ずつ抱えて耐える。おまけの真ん中の1匹はほぼヒラに最初タゲって1発目を撃ってくる感じだったので、最初の一発目でHPがゴリっと減るのを覚悟して対策をとる。タンクは速攻で担当した1匹目を倒し、ヒラが担当した雑魚のタゲをとって処理、最後に真ん中にわいていた雑魚を倒す。各自デバフが付いているので、真ん中雑魚の不可視攻撃にあたるとHPが減りまくるので回避。手をふりあげたら背後に回避する。

青デバフと赤デバフのフェーズ:
青い塔みたいなのー攻撃可能/青デバフ担当が被弾すると回復
赤い塔みたいなのー攻撃不可/赤デバフ担当が被弾するとHPが減る

ペア時は赤は諦めて青のみ倒す。タンクが必然的にニーズを抱えたまま青デバフ(被弾したらダメな方)に、ヒーラーが赤デバフになるのでヒーラーが玉拾い。戦士は原初の開放で思いきり青の方を殴って倒す。赤側の爆発は諦めて食らう。

このあとのフェーズは被弾してもヒーラーで戻せるのでなんとかごり押せる。

笛2本まで15週ほど。

極ナイツ

これは戦士×2で攻略。最初の雑魚2をマップの左右にひいて各々タゲをとって耐えて各々倒す。後半のタゲ拘束のところは片方がフルボッコされたらタンクスイッチ。あとは適度にゴリ押し可。被弾しても割と何とかなり、ILの暴力とやらを感じる。

笛2本まで、こちらも10週以上。

極セフィロト

ギミックが分からないと解除でもクリアできないと噂の極。実際にゴリ押せない。ガチ初見から入ってクリアするまで解除なのに2時間はかかったかもしれない。慣れたら周回可能なのですが!ヒラのHPも10万くらいになって頭割やダアトが耐えられたので、戦士+学/白での攻略。

フィールドの色分け+色デバフとか手を地面にぶっさしてノックバックとか、ここが起源なのか~と感心しながらやりました。ヒカセンの強さというのは色々な戦闘ギミックの積み重ねと言いますが、まさにそうなんだろうなあと思います。(オメガデルタ零式4とか極神龍とか思いだしながら)

ギミック 要予習

特に後半のギミックは攻略サイトやロドストなどで調べて理解しておくこと。デバフを食らいまくっても問題ないが、戦闘不能になるギミックが数多くあるのでそちらの適切な処理ができないとペアではクリアできない。

ちなみに戦闘不能になるのは主に2つ、吹き飛ばされて落ちる(蘇生不可)とダアト被弾に耐えられなくて戦闘不能。そして落下で戦闘不能になったら蘇生不可コンテンツという鬼畜の所業。これは実装当時きつかったろうな・・・

後半ギミック メモ

顔がきたら吹き飛ばし
腹が光ったらダアト
床が光ったらタケノコ(与ダメ低下デバフ)
タケノコくらってもIL480+での解除なら火力の問題なし。

物理特化(黄色デバフ)→塔担当
魔法特化(緑デバフ)→ダアト担当
塔は緑橙バフがついているときは物理特化の人しか入らない。魔法特化が入ると戦闘不能になる。

HPがゴリっと減るのは「塔の関連の被弾」と「物理特化時にくらうダアト」。

ダアト

鬼門のダアト。円形範囲のAOEなので、もう片方の相手に当てないように少し距離をとって受けること。ペアの場合だと後半初回は魔法特化(緑デバフ)に3回、物理特化(黄デバフ)に1回ダアトが飛んでる模様。特に1回目のダアトが不安なら防御バフはりまくったりバリア貼りまくったり軽減スキルの使用で大分ダメージを減らすことができる。

その後2回目以降は敵視1位への1回目が痛く、続く3回が弱い感じだろうか。あんまり2回目以降は特化デバフがないので痛くない。

こちらの笛2本まで4週でした。

のこりの笛はあと2種類です。

動画

前半の紫と緑のやつはそのまま食らってます
(ギミックの解:ボス前方全て範囲なので集まって方向誘導→確定後に後方へ移動)
後半の3連吹き飛ばし前のタケノコは対応する術と心の余裕なしなので被弾

その後に討伐した蒼天極へのリンク

あわせて読みたい
極ソフィア ペアで制限解除(戦士2)
極ソフィア ペアで制限解除(戦士2)極ソフィア 制限解除ペア極セフィロトと同じくギミック理解が無いと制限解除ではクリアが難しい。だがギミックさえ理解していればクリアは容易い部類。落下要素強め。...
あわせて読みたい
極ズルワーン ペアで制限解除(戦/学/IL490程度)
極ズルワーン ペアで制限解除(戦/学/IL490程度)制限解除だとどうしてもすさまじいダメージを多段で食らう前提になるので学者選択。深謀遠慮が学者自分自身に使えるようになったのがありがたい。余談ですが、解除10週...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる