ついにルーレット【メンター】を開放するの巻

プレイ日記+近況報告等

私はFF14において、いわゆる隠れメンターです。資格自体をとったのは2017年10月。トンベリ鯖のころだったので、もう2年以上前になるのでしょうか。トンベリ鯖時代の英語のビギナーチャットが面白かったので、もうそのチャットを再び見たいなと思って頑張った記憶があります。

スポンサーリンク

メンター認定のおもひで

昔のメンター認定画面。割とさっぱりしています。

一応メンターとして「ビギナーや他プレイヤーへゲームプレイをガイドしてください」「模範的なプレイマナーの実践」だとか色々書いては有りますが、ビギナーそっちのけの報酬目当てメンター問題があったからなのか・・・どうなのか・・・は分かりませんが、patch5.1から少し厳しく変更されました

ついでに認証画面も変更されています。再認証時のやつ。
現在だとこのようになっております。

かなり見やすくなっています。
それから「通報対象となる場合があります」が目立つようになっています。

メンターとして要求されているのはゲームプレイのガイド。
「ゲームプレイのガイド」をすべき人達がメンターなのです。

自分がビギナーの助けになりたい、と思いつつも隠れメンターになっているのは、完璧を求められそうで怖いというものが一番目の理由。しかしメンターというものはあくまで「ゲームプレイのガイド」であり、完璧なプレイではないはず。しかしギミックの解説はゲームプレイのガイドに当たるのか否かは気になるところではあるが・・・。

あとはなんか王冠つけてるのがなんだか恥ずかしいのと、ごく一部の王冠つけた人たちの初見さんたちへの置き去りプレイを見てきて嫌な気持ちになったことがあるので、あまり王冠マークに対して良い印象をもっていないというのも理由としてある。

メンターさんたちすべてが「メンターらしからぬプレイヤー」というわけではなく、9割くらいは割とフツーのプレイヤーさんであったり素晴らしいプレイヤーさんであったりすると思う。ほんの少しだけのトンデモプレイヤーさんが王冠マークのメンターだったというだけで、どうしてもメンターはちょっと・・・という悪いイメージが強くなってしまうっていう感じなんだろうなあ。悲しみ。

メンタールーレット

メンターだけどルーレットは開放できてなかったりした。

メンタールーレット解除条件のほうが自分には厳しくて、メンター再認証時(2020年1月)にこんな感じでルーレットは開放できておらず。ほぼ実装されている零式を除く全てのコンテンツを踏破する必要があります。

紅蓮間際から始めた組なので、新生と蒼天の極は知識が薄い。ルーレットで蒼天極に当たってしまった時に対応できるか?といわれるとNoであり、不安しかない。これがとにかく開放を躊躇していた大きな原因でした。

が、先日解除といえども真面目にギミックを理解して蒼天極をクリアしたことによりメンタールーレットを開放しようという気持ちが少しでてきたわけでございます。というわけで勢いで開けてきた。

残っていたのは、ほぼギルドオーダー

残っていたギルドオーダーを黙々と進めていく。しかし、ギルドオーダーって何のために存在するんだろう、ギミックの解説とかそういうもののためなのかな?

そして最後のギルドオーダーが8人PTでびっくりしました。


経験値がもったいないので未カンストDPSで申請していましたがシャキらない。

シャキるまでクッキー作ってようと思ってたけど、3時間弱でリアル都合でタイムオーバー。再度時間変えてヒラで申請したら10分くらいでシャキったのでちょっと泣いた。結構最後のギルドオーダーは乱戦気味で楽しいかもしれない。

開 放 !

というわけで、メンタールーレットが開いたぞー!
ルーレットの画面から切り貼りしてみた図。

闇鍋ルーレットだなこれ。

大きな項目で色分けしてみよう。

なるほど。

しかし全部ギミック理解できている人ってメンターでもどれくらいの確率なのだろう。いや、あの・・・旧パッチの極入れる必要あるんですかこれ・・・。

私個人の見解なんですけど、「メンターのCFでのガイド役割」ってメインシナリオ進めて最新patchまで進めるくらいのフォローでいいんじゃないかなと思うんです。「ビギナーのガイド」として零式はもちろん極も無い。そして最新パッチのIDなんかはエキルエ外れてからでいいと思っている。(エキルレの補充要因にメンターはないのでは・・・)

極。

真とは違ってそこそこの高難度コンテンツである極シリーズは、いかにILが上がろうともレベルシンク状態で即効でCFでPT組んでパパっとクリアできるものじゃない。制限解除状態でもギミックが理解できてないとクリアできないところだってあるし、なんでもかんでもシャキらないものをメンタールレで補えばいいやっていうのは良くないと思うんですよ。零式が省かれていているように省くべきだと思うのだが、なぜ入っているんだろう。
 
不本意ながら私が99週してしまった極朱雀だって、久しぶりにシンク状態でいきなり放り込まれてたらポップコーンでハムスターして戦闘不能になる自信があります。(そんな自信いらないですけどね!)
 
最新ではない昔の極を解除しないでクリアしたいなら、PTを募集してギミックを勉強する必要があるということを教えるのこそメンターの役割だと思うんですけど、どうせまた次patchが増えたらメンタールレの中身が増えて終わりなんだろうなあ。このあたり吉田PDはどう思っているのかは気になるところではあります。

いっそ「メインシナリオ進行に絡むメンタールーレット」と「ごちゃまぜ闇鍋ルーレット」を分けてさ、闇鍋ルーレット中の人は名前の横に闇鍋マークがついてて「ああこの人闇鍋ルーレットまわしてこのコンテンツ来たんだ」て丸わかりになってて・・・ていうようなのはダメかwシャキりにくくなったコンテンツをどう回すかというのは難しいところなんだと思うけど。

ルーレットのための「メンター」となれ

真面目にビギナーを助けたいのならメンタールーレットなんて必要ないし、メンターなんていう称号も必要が無いのです。報酬がなければないで、今まで通り普通にプレイしている中でCFで出会ったビギナーさんたちをフォローするくらいでも十分ビギナーさんたちの助けになると思う。
 
結局のところ、メンタールレなんて報酬が欲しい人向けのものになるは否めない。
 
というわけで
FF14においてのメンターは色々思うところはあるものの
私も報酬目当てにルーレットを回していくメンターの一人となりました。
拙いながらも頑張りますので、よろしくお願いします。
ごめんアストロペ乗りたい。
自信がないので主に魔法DPSで回しますごめんなさい。

当然ながらビギナーのガイドを念頭にプレイしていきたいと思っています。
自分は聞かれたら答えるスタンスなので、基本無言です。
地味にメモをとりつつ日記を付けていこうと思います。続く限り。