キキルンと「からくり士」取得

FinalFantasy 11

ふと思い立って操り人形を操作してみたいと思ったマロー。無事にアトルガン皇国へたどり着いた。

スポンサーリンク

金銭面について

近頃ワープ移動が多く財布の危機感を募らせていたところ、エミネンスポイントLv75交換のアケロンシールドが換金効率が良いとツイッターで教えていただいたので換金して旅費にあてました。当分は困らないはず、

と思っていたけど後述のように3000ギルの地図をバンバン買うような事態になってきてギルがガンガン減っていく事態になってきました。こわやこわや。

クエスト:オートマトン

からくり士のクエスト「オートマトン」のNPCはアトルガン白門(K-9)。白門って何だと思ったのですが、マウラから船でやってきたときのエリアがアトルガン白門エリアになるのですね、その隣がアルザビという名前の地域になるのか。このクエストNPCは階段を上った高い所に居りました。

このイルキワラキさんとの会話がとても面白いし大好き。

人形がいないとからくり士なんて語れない。
耳と尻尾を抜きにはミスラは語れない。

なるほど。分かる、分かるぞ。
ミスラにとって耳と尻尾はチャームポイントだからな!

人形工房(アトルガン白門I-7)のようなところへ行き、人形師と話をする。

なんか人形師と人形使い(=からくり士)って単語だけでめっちゃファンタジーしてると思うんですよ。ちょっとドキドキする響きではありませんか?私だけだろうか。

クエストで通過するであろう場所の地図を購入。

ナシュモ、カダーバ、アラパゴ暗礁域の3つ。
3つ購入したら9000ギルだよ うわああ

ナシュモへ take1

人形を手に入れるために、ナシュモという港町へ旅することになった。またまた船。

港へ行ったら、直前に船が行ってしまった。うわ~~これ何分待ちだろか20分待ち?実はこの時点で地球時間は24時直前であり、中の人はウトウトしていた。船を待ってナシュモへ到達してから寝るか、もうここで一旦諦めて寝るか。

→ 船を待って乗ってから寝よう!

というわけでウトウトしながら船にのり・・・・・・

ナシュモへ到着できなかった。

既存プレイヤーさんたちからは

うん、よくあった光景だな。
皆同じ道とおるやつ。

というコメントを頂きました・・・いやこれみんな通ってきたのか・・・辛い・・・w
そのままログアウトしてなかのひと就寝。枕は涙で濡れていたとかいないとか。

ナシュモへ take2

気を取り直して翌日のログイン。マローさんのとった行動は

甲板に出ない。

売店のおじちゃんと時間を過ごす。そういえばマウラとセルビナ間は海賊が襲ってくるから気をつけろよと言われていたのだった。もうレベルが高くなるまで甲板でない。

「景色綺麗なのに勿体ない~」と言われても戦闘不能になっては終わりなのだ!

ナシュモ着

甲板に出ない作戦のおかげで無事にナシュモについた。売店のおじちゃんとも多分仲良くなった。

NPCによるとアトルガンの港町だったのだが、疫病が発生したため見捨てられた港町という経歴を持っているらしい。それでキキルンがやってくる町になったということらしい。ん、キキルンだって?

キキルン!

マジでキキルンだ!!!!!!!

わーいキキルンだ!!FF14でみてたキキルンのそのまんま!キキルン大好きなのでめちゃ嬉しい、これが元祖キキルンなのだな!可愛いなー!でも喋り方が全然違うのですね。

皇都アトルガンのアルゼビに暮らしているキキルンはとてもツンツンしてていけ好かないの。でもキキルンの友達は皇都に行きたいって言うんだよ。「ナシュモ」とは違うって素晴らしいって言うんだよ。自分の友達も皇都に行ったらいけ好かない奴になってしまうのかな?
FF11のキキルンは、日本語だと基本ひらがなで話し、撥音の「っ」が無く、キキルンもしくは同族の名前だけカタカナを使っている感じかな、すっごい読みにくいけど言わんとしていることは分かる。
 
話し方には個性もあるようで、この子はFF14のコボルド族みたいな感じでお話する模様。しかし目がめちゃくちゃ綺麗ですね!
 
フレンド氏とキキルンについて少し話すことがあったのだが、

まろー:キキルンは見た目がかなり獣っぽくて獣臭そうな雰囲気を出しつつも、人語を解する獣人のとしての服なんかのデザインのバランスがとても素晴らしいと思うんだ。つまり可愛いよね。
フレンド氏:手が気持ち悪い・・・ちょっと無理。

まあ好みは色々ですね うん・・・w今現在FF14でキキルンイヤリングなるものがモグモグなんとかで交換できますので、キキルンファンでまだ持っていない方は是非交換しましょう(布教)。

すごいひとたち

このナシュモは個性的なNPCとクエストがあって、めっちゃ笑ってしまったのですがレベル帯が全然合わないだろうなということでまだまだスルー。はやくクエストやりたいぜ!ほんとFF11のNPCって個性が強すぎて凄い。

結構やばいタルタル一家

 

やばいおばさん

カダーバの浮沼→アラパゴ暗礁域

ナシュモからカダーバの浮沼への出口は3つあり、東側から出る。

ナシュモから出て直行でアラパゴ暗礁域へ行こうと思ったらなんと行き止まり。少し迂回して行くのが正解ルートなのだが、地図を信じていたためすっごい焦った。FF11の地図はまるまる信用してはならぬ。

外はジャングルなのかな?雨がひどくて何も見えぬ・・・。


ラミアだ!なんかガッチリしてるなぁ。FF14でいうとアナンタ族になるのだろうか。マウントに乗っていると襲われないのでほんとありがたい。

と思ったのだが、ダンジョン内ではマウントに乗れないという事を失念していて、アラパゴでかなりヒヤヒヤすることになった。こりゃ姿を消す魔法かなんか必要かもしれません。とりあえずギリギリタゲられずにクエストアイテムを入手。

というわけで無事にクエストを進め、人形師へ「古い人形」を渡し「新しいからくり人形」を頂くことができた。頂いた新しい人形は「私の人形」らしく、このまま私が使う子になるらしい。なんだってー!

名前を付ける作業が入る。いやなんかドキドキするねこれは。

無事にからくり士のジョブ取得完了。
すごい長かった、クエストがというよりアトルガンへ渡るまでが。
お疲れ自分、よろしく人形さん。

呼んでみた。

フェイスとマトンの場所がかぶるのが地味に悲しい。操作はマクロ必須だなと思ったので、マクロを準備するかレベル上げを後回しにするかちょっと悩み中。あとパーツの取り換えなどちょっと今の財布事情ではきつそうな感じか。

FinalFantasy 11
マロー

片田舎に住む、犬とゲームが大好きな人間の個人ブログです。基本的にFF14(ManaDC/Hades)を継続プレイしつつ、他のネトゲを+で遊んだりしております。

フォローする
スポンサーリンク
フォローする
INUISM