3国のフェイスを覚えに行く

FinalFantasy 11

ふっと思い立って3国のフェイスを集めをした。というのも、ダンジョンで見かけた人が見たことのないフェイスを連れていて、自分も少し増やしてみようと思ったのです。

スポンサーリンク

バストゥーク

バストゥークの担当NPCは港のK-7

大統領府の前にいるNajiさんを訪ねろとのこと。

Naji

Najiさん単細胞らしくてものすごく、なんていうか面白い。彼はアヤメさんに片思いしてるのか・・・。呼び出されたフェイスは微妙に本人とは異なる感じの方々が多く、この魔法どうなんだよ・・・と思ってしまうのであった。

Ayame

片思いの相手であるアヤメさんもフェイスに参加しているとのことでお話を聞きに行く。アヤメさんは大統領府の北東の小部屋っぽいところにおられた。既に彼女との繋がりがあるので珍しくまともな信頼関係でフェイスが呼べそうだ!

説明きくからに、やっぱりフェイスって本人じゃなくてちょっとだけ別人ぽいんだよなぁ~

サンドリア

完全にサンドリアでフェイスを覚えてくることを忘れていたので、有料で飛んで覚えに行った。

担当NPCは南サンドリアのL-6

Excenmille

エグセニミル様と読むらしい。エルヴァーンの英雄らしいのによく知らないまま「サイン下さい」的なノリで「フェイスください」って行くのは恐れ多くないでしょうか。「私は君のことをよく知らないんだが・・・」といわれながらもフェイス修得完了。エグセニミル様によると「ドラギーユ城にいるクルリラさんという方もフェイス修得できそうっぽい」とのことで向かってみる。

「君とサンドリアに栄光あれ」なんて言ってくれるのに、クルリラさんのフェイス修得して再び話すと元の国外民への冷たい物言いに戻っててめっちゃ笑った。

ウィンダスの田舎者がすみませんでした・・・涙

Curilla

女の騎士さんでした。かっこいいです。なんだかんだ言いくるめる感じでフェイス修得完了。お互い全然知らないのにフェイスできてしまうのって本当に大丈夫なんだろうかw

ウィンダス

ウィンダスは森の区のどまんなかのNPC

Kupipi

FF11をはじめたときにフレンド氏に連れてきてもらって覚えたクピピさん。なのなの。

FF11 1日目 続
コンフィグをいじりまわし、ゲーム内アスペクト比はバーがマウスじゃ動かせなかったということを発見し、コントローラーでぐいぐいと比率を変えられることを発見し、無事に横長の画面でプレイすることができるようになりました。よかった。

Nanaa

ナナーさんのフェイスをまだ手に入れてなかったので覚えておこう。ミッションでは騙されて散々な目にあってしまいできれば関わりたくないのだが!

ミッションのせいなのか分からんけどフェイス使用をやんわりお断りされてしまったので、コブンに話を聞いてみるとヤグードの数珠を4個もってきたら良いんじゃないかな的なことを教えてもらったので、ヤグードをなぎ倒してナナーにトレードで渡してみた(ギアデスにいってボコスカ適当にヤグードをなぎ倒し4個入手)。

どうしよう、怖いw目を閉じたら身ぐるみはがされそうww

と思いましたが無事にフェイス入手できました。ヨカッタ。と思ったんだけど、このヤグードの数珠って禁制品なんじゃないですかヤダー!!!まろーさんの手は真っ黒になってしまったよ・・・

余談:シャントット2

フレンド氏が「ログインボーナスで今月限定でシャントット2のフェイスが手に入るから覚えたらいい」と教えてくれました。ログインボーナスってどう使うんだろうなと思っていましたが、三国のモグハウスそば(どっかのエリア)のモーグリと話すと良いらしい。ウィンダスは港のモグハウス前。

300ptで交換することができました。覚えるときのセリフがなんかもうメチャクチャ感溢れてるんですが大丈夫ですかこれ・・・困ってるじゃないですか・・・

うっわ なんだこりゃw

私が知っているシャントットさんは、フェイス許可証的なものがもらえなくてブツブツ言っていたり口の院の院長にブツブツ文句を言っているイメージで止まっています・・・。どうしてこうなってしまったのだ!そしてこのフェイス連れてると後ろからなんか圧を感じる・・・

ツイッターにて「コスパ最強のMBフェイス」と教えていただきました(マナバースト以前に連携技がまだ全然使えてないわけですが・・・)。よくわからんけど強い!!のでありがたくブチ切れシャントットさんのフェイス使わせていただきます。

FinalFantasy 11
マロー

片田舎に住む、犬とゲームが大好きな人間の個人ブログです。基本的にFF14(ManaDC/Hades)を継続プレイしつつ、他のネトゲを+で遊んだりしております。

フォローする
スポンサーリンク
フォローする
INUISM