ミッション『試験の行方』~

FinalFantasy 11

白き書が終わったあと、「試験の行方」と「三大強国」の2つが選べるようになっていた。「試験の行方」はサクっと終わりそうな感じだったのでこちらからすることに。比較的予習しないタイプの人間なのだが、今までFF11でこなしてきたミッションの「進め方が分からず数時間のロスしまくり」の反動から事前にざっとだが調べるようになってしまってしまったのである。

~この日記は こんな感じのにっきです~ 

 

スポンサーリンク

かぞえるくん

ヴァナ・ディールの人々は魔法人形が好きなのか!

エミネンスレコードのミスラさんから1体目「きろくさん」、ユニティの二人組タルタルさんたちから2体目「つなぐさん」、そしてこの一時的に持つとはいえ3体目「かぞえるくん」である。ネーミングセンスッ!

クエストは倒すだけ なのだが

ミッションの内容を調べたところ「ゲーム内24時間以内にタロンギで10体以上倒してくればOK」とのことだったので、移動はウィンダス港~フィールドへ本をつかって移動して時短。適当に倒しまくる。ダルメルが大きすぎてよく見えない。そしてUIを表示させていると自分も全く見えなくなるのであった。視認性など無い。

帰還もデジョン札で時短。
ウィンダスに戻ってNPCに報告しようと思ったのだけど・・・報告できない。

ゲーム内時間のクエストへの干渉

クエストを受けたNPCのそばのNPCに「1時間前がどうのこうの」というものがあったのでまさかな、とは思っていたのだが、データベースサイトを確認したところ『受注したゲーム内時間の23時間後から報告可』だと。ちなみに24時間過ぎてしまったら失敗らしい。ええ・・・まじか、そんな報告の決まりってあるんだなあ。

ヴァナ・ディールの時間の進み方は地球時間の25倍速らしい。

報告可能になるまで結構な時間の余裕があったため、冷凍庫からアイスを持ってきて食べながら待つことにした。2020年、暖かくなって初めて食べたアイスである、おいしいなあ。食べ終わってもまだ23時間目にならず、じーっとNPCを眺めながら時間が来るのを待ち、無事にクリア。

Twitterにて既プレイヤーだった方に「この頃は時間に縛られるようなクエストがザラだった」とのようなことを教えて頂いた。ゲーム内の時間で縛ることは仮想世界を感じられて良い面もあるのだが、どうしても地球時間では待ち時間が出てしまう=プレイ時間が増えてしまうため、今では時間縛りの有るクエストなんかは見ることが少なくなったんだろうな。

昔はこのような時間指定クエストでは皆NPCの前で待っていたんだろうな・・・、とその当時のことを思いつつこのミッションを終えたのであった。次は『三大強国』。

 

FinalFantasy 11
マロー

片田舎に住む、犬とゲームが大好きな人間の個人ブログです。基本的にFF14(ManaDC/Hades)を継続プレイしつつ、他のネトゲを+で遊んだりしております。

フォローする
スポンサーリンク
フォローする
INUISM